二〇〇六年七月にスタートした
「藤沢宿遊行の盆」
盆踊りの原点を探り、全国の盆踊りと連携、そして藤沢の魅力を発信するのが狙いです。
舞台は時宗の総本山「遊行寺」。時宗開祖一遍上人が、藤沢の片瀬で踊り、
全国に広めた踊り念仏が、謎につつまれた盆通りの有力な起源といわれています。


毎年、全国三大盆踊りである、阿波踊り、西馬音内盆踊り、郡上踊り、を招聘。
藤沢の伝統を踏まえ創作した、湘南藤沢遊行踊りをあわせ、
見て、踊って、知って楽しめるイベントになっています。
ここでは、過去の遊行の盆記録をご紹介いたします。