~艶やかなお座敷唄風の大人踊り~

歌詞監修 : 白石 征
作   曲 : J.A.シーザー
振   付 : 花柳 輔礼乃
う    た : 冨田 房枝 渡辺 絹房 長谷川 恵子
演奏時間 :7分20秒

音楽を聴く
◆解説

江戸小唄、明治大正のお座敷唄をイメージさせる一曲。大人踊りです。
◆歌詞

一、 アアー アアー アアー
月も上った さあ踊りゃんせ
花が嵐に 花が嵐に 散らぬうち
散らぬうち
梅は香りよ 桜は色よ
(サノサノエー コラサノエー)
あの娘踊りで あの娘踊りで 花が咲く 花が咲く
二、 アアー アアー アアー
娘十五は 垣根の花よ
誰が見るやら 誰が見るやら 手折るやら 手折るやら
踊り上手に ついつい見とれ
(サノサノエー コラサノエー)
秋も深まる 思い種 思い種
三、 アアー アアー アアー
夕べに萌える恋草なれど
明日は消える 明日は消える 花の露 花の露
忘れな草は 野に咲く花よ
(サノサノエー コラサノエー)
あなた思うて あなた思うて ひっそりと ひっそりと
四、 アアー アアー アアー
思い出すよじゃ 惚れよが弱い
思い出すまい 思い出すまい 忘れずに 忘れずに
泣いて別れた あの風車
(サノサノエー コラサノエー)
誰を待つやら 誰をまつやら くるくると くるくると
五、 アアー アアー アアー
ちらりちらりと ふる雪さえも
いつかつもって いつかつもって 深くなる 深くなる
わたしゃお前と よい仲ながら
(サノサノエー コラサノエー)
富士の白雪 富士の白雪 まだとけぬ まだとけぬ
六、 アアー アアー アアー
思いながらも 思わぬふりで
踊りあかした 踊りあかした 夜更けまで 夜更けまで
沖のかもめか 舵とるぬしは
(サノサノエー コラサノエー)
盆を忘れず 盆を忘れず 飛んでくる 飛んでくる
七、 アアー アアー アアー
昨日は今日のいにしえなれば
今日は明日の 今日は明日の 昔なり 昔なり
夢よ今宵は さあ踊りゃんせ
(サノサノエー コラサノエー)
夢のなかにも 夢のなかにも 笑顔あり 笑顔あり

(歌詞解説)

形式は7775の近世小唄調。

遊行おどりについて トップ